第7回 TOSS全国1000会場一斉セミナー 公式ページ 本文へジャンプ

【最新情報】(6/18)
各県別の参加者の声を公開しました。


【特報】 現文部科学大臣の塩谷立氏、

安倍晋三元首相が参加!!



2009年5月23日、静岡県で実施された本セミナーに
現文部科学大臣の塩谷立氏が参加されました。
以下、塩谷氏のご発言です。

「TOSSがこういうことをやっていただいていることを本当に嬉しく思う」
「TOSSの皆さん方には本当にがんばっていただいてありがたく思う次第でございまして、ぜひこういう研修を続け、また広げていただいて、子供達が本当に元気で健やかに明るく育てていただくよう、私ども願っています」


(会場でコメントする塩谷氏)



2009年5月2日、山口県で実施の本セミナーに
元総理大臣の安倍晋三氏が参加されました。
安倍氏はこのようにおっしゃいました。

「TOSSの活動には、注目しています。休みの日に、自ら研修に励む先生方の集団に敬意を表します。」

また、前防衛大臣の林芳正氏も参加なさいました。


(安倍元首相、セミナースタッフとともに)


TOSSの活動と、この「全国1000会場一斉セミナー」は、
現文部科学大臣、そして元首相、閣僚経験者からも
内容が高く評価されています。
まだ参加なさっていない方、どうぞ足をお運び下さい。




総会場数1067、総後援数519。
今年も大変な規模のセミナーとなりました。

参加者29000名以上。
多くの方のご参加に感謝申し上げます。

北海道・長崎県からの後援をいただきました。
13の地方自治体、17の都県教委から後援をいただきました。
全国40都道府県にある教委から後援をいただきました。


参加者の声です。

 おかげさまで、大好評のうちに終了しました!
 各県の参加者された皆様の声をまとめました。どうぞご覧下さい。

北海道・東北 関東    中部    近畿   中国   四国   九州・沖縄
北海道 茨城 新潟 三重 鳥取 徳島 福岡
青森 栃木 富山 滋賀 島根 香川 佐賀
岩手 群馬 石川 京都 岡山 愛媛 長崎
宮城 埼玉 福井 大阪 広島 高知 熊本
秋田 千葉 山梨 兵庫 山口 大分
山形 東京 長野 奈良 宮崎
福島 神奈川 岐阜 和歌山 鹿児島
静岡 沖縄
愛知


「第7回 TOSS全国1000会場一斉セミナー」とは?


 最近、教育を取り巻くのは暗い話題が多いようです。ドラマでも「モンスターペアレント」に「スクラップティーチャー」。ニュースで紹介されるのは学力格差に学級崩壊……。
 でも、大きな声で言いたい。「教師って、最高の仕事です」と。授業で「先生、分かったよ!」と言う子どもの顔。「学校が楽しいって言っているんです」と言う感謝の声。この仕事をしていてよかった、と思える瞬間です。
 ただ、そのような瞬間を迎えるには、少しの努力が必要です。イチローがたくさんのヒットを打てるのは練習をしているから。事前の準備が結果を左右します。そして、私たちは教師も授業を行う前にプロとしての準備が必要なのです。
 その第一歩をご紹介するのが、この「TOSS全国1000会場一斉セミナー」です。過去6年間でのべ14万人参加、のべ1400の全国教育委員会からの後援をいただいた圧倒的な人気と信頼を誇る全国セミナーです。(参加者の声はこちら)


どのような内容なのですか。
 TOSSが考える学級経営の力をつける方法や、学力をつける指導法などを会場別にさまざまなテーマで実施します。
 例えば、4月最初の3日間は「黄金の3日間」といわれます。1年を左右する3日間にするべきことは「新学期対策」で分かります。算数が苦手な子が授業だけで100点を取る指導法は「基礎学力保証の指導法」に足を運んでみてください。21年度から新指導要領への移行過程が始まります。準備は整っていますか。人より「一歩先」を知りたいなら「新課程への準備」へどうぞ。中でも、高学年での教科化が決まった「小学校英会話指導法」は各会場で実施予定。必見です。
 担任が知っておかなくてはいけない「特別支援の必要な子への対応法」、周りから一目置かれる「定時に帰る仕事術」など会場ごとにテーマを絞って実施します。全会場で「いじめをなくす方法」、毎年好評の「その場で解決! 教育何でもQ&A」を行います。




どんな方が対象なのですか。
 新規採用5年目までの先生方と、学生・講師の先生方が主な対象です。
 しかし、多くの会場で中堅・ベテランの先生方も参加しています。会場によっては校長先生や指導主事の方も参加しています。
 過去6年間でのべ14万人以上の方にご参加いただきました。
 若い先生方に力をつける講座内容が評価され、これまでに各県の教委を始めとする、のべ1400以上の教育委員会などのの後援・協賛をいただいています。

どこで行われているのですか。
 全都道府県、1000会場で実施されています。一つの県当たり、20会場以上の計算になります。
 大都市圏はもちろんのこと、郡や町村でも行われています。
 あなたの身近の会場があるかどうかについては、会場一覧をご覧下さい。

いつ行われているのですか。
期間は2009年3月20日〜5月17日です。
会場ごとに午前・午後・夜間のいずれかに実施されています。
詳しくは会場ごとのホームページでご確認下さい。

特別な準備は必要ですか。
 メモをとるためのノート、筆記具があればよいでしょう。また、多くの会場で資料が用意されています。それらを入れるための鞄があると楽だと思います。
 服装についても特に規定はありませんが、講座を持つ私たちはスーツでお待ちしています。

費用はいくらかかりますか。

 会場ごとに異なります。
 詳しくは各事務局にお問い合わせ下さい。


「TOSS」とは何ですか。

 Teacher's Organization of Skill Sharing(旧・教育技術法則化運動)のことです。
 授業・教育にすぐに役立つ教育技術・指導法を開発し、集め、互いに追試し、検討しあって、自らの授業の技術を高め、集められた教育技術・指導法自体もよりよいものにしようと努める教師の団体です。
 現在は技術や指導法をTOSSランドに公開しています。代表は向山洋一氏(元東京都公立小学校教諭、上海師範大学客員教授)。著書は『授業の腕をあげる法則』、『子どもを動かす法則』、『学級を組織する法則』、『いじめの構造を破壊せよ』(明治図書)等100冊以上あります。


「TOSSランド」とは何ですか。

 TOSSランドはTOSSの教師が作り上げた、教師専門のポータルサイトです。明日の授業で使える毎時間の発問集、子どもが熱中する学習ゲームサイトなど11000以上のコンテンツがあります。開設以来、教育のポータルサイトとしては唯一無二の存在として内外に知られています。
 6000万アクセスを突破しました。

   

−(C)TOSS 小貫義智 / Yoshitomo Onuki, All rights reserved.−
このサイトのすべてのコンテンツは著作権フリーではありません。
リンクについてもお問い合せください。