建築設備綜合協会ホームページリニューアルのお知らせ 

日頃より、建築設備綜合協会ホームページをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
この度、当協会では、会員の皆様や建築設備に係る方々への情報発信と情報交流を目的として、
2014年10月16日(木)にホームページをリニューアルいたしました。
今後も『BE建築設備誌の発行』『環境・設備デザイン賞』『建築設備綜合ゼミナール』
『新技術・製品FORUM』『見学会』『研究会』『BEサロン・交流会』などの事業を通して
充実した情報を皆様にお届けいたしますので、是非ご利用くださいますようお願い申し上げます。

新ホームページURL http://abee.or.jp/
※5秒後にリダイレクトします。

 
 

会長のご挨拶

 
 当協会は1938年5月の創立から今年で76周年を迎えます。「BE建築設備」誌も4月で通巻759号となりました。また、昨年末の正会員数は114社とお陰様で毎年増加する傾向にあります。
 さて昨年は、年初からのアベノミクスによる金融政策、財政支援、成長戦略から始まりました。建設業界にとっては2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催決定は朗報となりました。また、東北の被災地でも建設の槌音が聞こえるようになり復興が本格化するようになりました。このような背景の中で当協会の今年の取り組むべき課題を考えてみました。
 一つ目は一般社団法人化(2012年5月)を契機に当協会の活動を活性化することです。人的交流など当協会の伝統的な良さを継承しながら、新たな時代に適合した体制の整備と事業活動の活性化を目指してまいります。
特に、当協会は会員の皆様に支えられており、会員にとって価値のある協会を目指して幾つかの企画を立ち上げます。
 二つ目は建築設備業を見える化し、その魅力を発信することです。
建築設備は幅広い領域を扱う技術分野です。それは建築物の中にとどまるものではなく、広く環境やエネルギーの問題解決にもつながる技術を扱います。
当協会の事業を通じて設備技術者の活躍を見える化し、その魅力を伝えていきたいと思います。その具体例の一つが今年で第12回を迎えた「環境・設備デザイン賞」です。
 三つ目はスマート社会への対応です。人口増加や高齢化、都市化といった問題を解決する手段として、先進国、新興国を問わず、世界で一斉にスマートコミュニティ化の動きが顕在化しています。この実現のためには、ICTをはじめとして我々が培ってきた設備技術を大いに活用することができます。このような社会ニーズに的確に対応するため、今年は「スマート化」を共通テーマとして協会事業を展開していきます。
 本年も当協会が有する会員構成の特徴(学識経験者、設計、施工、メーカーなど異業種の技術者の集まり)を活かして独自性のある事業を展開してまいりますので、会員各位のご理解、ご支援をお願いいたします。

平成26年4月吉日
一般社団法人 建築設備綜合協会
会長  佐藤 信孝

建築設備綜合ゼミナール

 第112回建築設備綜合ゼミナール

テーマ: 未  定 ※近況になりましたら掲載いたします。
日 時: 2015年2月25日(水曜日)午後13時30分〜午後17時30分 予定

過去に開催したゼミナールはこちらをご参照ください。

新技術・製品FORUM

  第51回新技術・製品FORUM 

テ  ー  マ: 改修工事での診える化を支える最新の機器とその活用
趣     旨:   今回は、建築設備の改修工事の計画立案時に必要となる調査技術として、3Dレーザースキャナーを用いた計測システム・あと施工アンカー試験システム・配管漏水箇所検知装置・非破壊試験装置などの診える化技術について最新の機器・システムをご紹介いたします。
講     演: 基調講演 『マンション給排水管の劣化と改修』
NPO耐震総合安全機構(JASO) 理事 柳下 雅孝 氏
(有限会社 マンションライフパートナーズ 代表取締役)

事例講演
『3Dレーザースキャナー計測によるデータの3次元化について』
大浦工測株式会社 測量部 計測課 課長  高橋 誠二 氏
『あと施工アンカーの現場引張試験システム』
サンコーテクノ株式会社 技術開発部 PF開発グループ長  岩渕 茂樹 氏
『上水道の漏水調査技術』
フジ地中情報株式会社 本社 技術本部長 古川 幸男 氏
『設備診える化』
株式会社 ジャスト 営業第2部 副部長  佐藤 一路 氏
※その他追加でD講演も検討中です。
日     時: 2014年11月18日(火)13:00〜17:30予定(17:30〜18:30名刺交換会)
会     場: 東京都港区芝5丁目26番30号 専売ビル8F
受  講  料: 会員 4,000円 / 一般 5,000円

お申込み書

 第52回新技術・製品FORUM

テ  ー  マ: (仮)スマートコミュニティーを実現するための最新機器と装置
日     時: 2015年3月25日(水)13:00〜17:30予定(17:30〜18:30名刺交換会)
会     場: 東京都港区芝5丁目26番30号 専売ビル8F
受  講  料: 会員 4,000円 / 一般 5,000円

※詳細は近況になりましたらご案内致します。

過去に開催したFORUMはこちらをご参照ください。

見学会

NTTファシリティーズ新大橋ビル
日   時:2014年11月28日(金)14:00〜16:30
※詳細は近況になりましたらご案内致します。

環境・設備デザイン賞
第13回環境・設備デザイン賞の
応募要項はこちらからご参照ください。
 

応募登録申込み 2014年10月 1日〜11月20日
応募作品(パネル)提出締切 2014年12月19日(消印有効)
第一次審査(公開審査) 2015年 3月13日
第二次審査(公開審査) 2015年 4月10日
授与式 2015年 5月20日

★協賛をご希望の方は事務局までお問い合わせください★
第13回協賛お申込書はこちらから(PDF形式)
協賛にご同意される方は上記申込書をダウンロード後、
必要事項をご記入のうえ事務局までFAXにてお申込みください。
FAX受付後、事務局よりご連絡いたします。
第12回環境・設備デザイン賞については事業項目のデザイン賞をご参照ください。
                                                            第10回環境・設備デザイン賞 詳細はこちらから
第09回環境・設備デザイン賞 詳細はこちらから
第08回環境・設備デザイン賞 詳細はこちらから

第07回環境・設備デザイン賞 詳細はこちらから
第06回環境・設備デザイン賞 詳細はこちらから
第05回環境・設備デザイン賞 詳細はこちらから
第04回環境・設備デザイン賞 詳細はこちらから
第03回環境・設備デザイン賞 詳細はこちらから
第02回環境・設備デザイン賞 詳細はこちらから
第01回環境・設備デザイン賞 詳細はこちらから

        環境・設備デザイン賞「 E&E DESIGNマーク」使用要領➔                                                         使用申請書
  第5回〜12回環境・設備デザイン賞の作品集を1冊2,000円にて販売しています。

 ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽
   学生と社会人のための「環境・設備デザインシンポジウム」開催
     日 時 : 2014年10月10日(金) 14:00〜18:30
     会 場 : 建築会館ホール
     参加費 : 会員2,000円 会員外4,000円 学生無料        詳細はこちらをご参照ください

出版物
「わが社のトピック」
・2013年10月号 ZEB化空調を目指す「エクセル空調システム」 木村工機株式会社
・2013年10月号 ヒータ一体型OAフロアヒータ 株式会社 ソーワエンジニアリング
・2013年11月号
二酸化塩素による空間除菌・消臭システム クレベリン発生機【リスパスNEO】【リスパスS】 東テク株式会社
・2014年1月号 排水のないフラッシング技術「フラッシング排水レスシステム」 高砂熱学工業株式会社
・2014年1月号 建築設備業界向けポータルサイト「Thinking Buildings Universe」 グルンドフォスポンプ株式会社
・2014年2月号 ポンプ制御技術「P-Q master(ピーキューマスター)」 新日本空調株式会社
・2014年3月号 【新製品紹介】オイルフリーターボ冷凍機および空冷モジュールチラー トレイン・ジャパン株式会社
・2014年5月号 METASYS®のワイヤレス化によるビルの効率化 ジョンソンコントロールズ株式会社
・2014年7月号 モジュール連結型ナチュラルチラー「スマートコアラ」 日立アプライアンス株式会社
 
2012年10月増刊号 建築設備副読本 建築設備の基礎講座「衛生設備」
◆2012年10月増刊号 建築設備副読本 建築設備の基礎講座「衛生設備」

本書の原点になった「建築設備の基礎講座V・衛生編」は2009年1月から2011年4月まで連載し、それらを一冊にまとめたのがこの増刊号です 。次代を担う若い技術者へ「給排水衛生設備」の機器・器具、システムの役割および原理を理解していただくことを基本とし、基礎技術の紹介から最新の技術情報、関連の法令等を一冊に取纏めました。
■規格:B5版、
本文356頁、全9章55項目で構成
■発行年:平成24年10月
■定価:2,700円(税込み・送料別)

※お申込み用紙はこちら※   


※訂正とお詫び※
 
ニュース
月刊誌「BE建築設備」
 > 「BE建築設備」 2014年10月号  発売中
 > 「BE建築設備」 2014年11月号  予定

         

    

Copyright (C) 2005 Association of Building Engineering and Equipment. All rights reserved.