プリントスクリーンの使い方(基本編)

さてクリップボードという何でも呑み込むポケットにCRT画面(液晶画面)のデータを格納するには
「コピーする」でもなければCtl-C(コントロールキーを押しながらC)でもありません。
PCキーボードの右上の方にある「PrtSc」というキーを押します。
PrtScrPrint Screen と印字された機種もあります)

これはWindowsが持つ基本機能ですから、特に何かのソフトウエアを
立ち上げる必要はありません。いつでも必要を感じたその時に、このキーで
パチリと画面のスナップショットを撮影する感覚です。


【PrtScが共有キーの場合】
なお機種によっては「Insert」キーなど他のキーと共有になっていたりします(特にNotePC)。

共有の場合は印字されている「PrtSc」文字の印刷色に着目します。(青文字)

そして「Fn」キーの文字色を確認しましょう。(青文字)

もし同色ならば、「Fn」キーを押しながら、「PrtScr」を押します。


【画像の吐出し方】
PCキーボードのCTL-V(コントロールキーを押しながらVキー)を押しても、
何も起こりません。
画像を吐き出すには、画像を表示できるアプリケーションが必要だからです。
ここではWinユーザみなさんの共通インフラとして、間違いなく誰もが持っている「ペイント」と、
そして、ほとんどの人が "持っているはず" のフォトエディタ(Microsoft Photo Editor)という
マイクロソフト社の2大画像ツールで説明します。


  1.ペイントに吐き出す場合
    スナップショットを撮ったら、ペイントを起動しましょう。
     (ペイントは 全PCに付属)
    「編集」→「貼り付け]  または ダイレクトにCtrlキーを押しながらVキー


  2.フォトエディタに吐き出す場合
    スナップショットを撮ったら、フォトエディタを起動しましょう。
     (フォトエディタは Office に付属)
    「編集」→「新しいイメージとして貼り付け」

Microsoft Photo Editor の場合ダイレクトにCtrl+Vで吐き出すならば、事前に
「ファイル」→「新規作成」でキャンバスを用意しておかねばなりませんので、
このように「新しいイメージとして貼り付け」を利用した方が簡単です。

このMicrosoft Photo Editor はパソコン購入時にワードやエクセル、アウトルックの入った、
Officeプリインストールモデルに付属している便利な画像編集ツールです。
ですので Microsoft Photo Editor はほとんどの皆さんが持っているはずなのですが、
購入時の標準インストール状態ではPCに移されていないことも多く、
自分でオフィスのCD−ROMから追加インストールする必要があるかもしれません。
もったいないから使いましょう!(笑)


      1.プリントスクリーンの使い方(仕組み編)へ戻る
      3.プリントスクリーンの使い方(応用編)へ



スライドショーのページへ戻る
サイトTOPへ戻る


                      Copyright(c) 2001,2002 Rubato
戻る