花飾りマリ&クリキャット花飾り
自由・平等・平和、そして猫を愛するページです
猫の記憶
*ルンナ
*マリ
*クリ
*リリ&ルル


Daily

BBS
おすすめネコ本
*小説・エッセー(日本)
*小説・エッセー(外国)
*ミステリー・SF
*猫が理解できる本
*その他の猫本


Illustration

Link
ルルちゃん(2006.8撮影)

ここに紹介する猫たちは、まったく違う個性をもっていました。
ひとがそれぞれ違うように、猫もまたそれぞれ違うのです。
その当たり前のことを4匹は身をもって教えてくれました。

最初に出会った猫・ルンナ、彼女は猫のしなやかさ、美しさ、優雅さ……猫の魅力のすべてを教えてくれました。
それまでどちらかといえば犬好きだった私は、大の猫好きになってしまいました。

2番目に出会った猫・マリは、愛嬌のある顔、愛想のいい見かけと違い、確固とした自分の意志をもち、信念を貫く猫でした。
マリの生き方には共鳴させられ、私は尊敬の念さえいだくようになりました。

3番目に出会った猫・クリは、頭がよくて人間の言葉がわかっているようでした。
犬のように私のあとをついて歩き、甘えん坊だけど本当にかわいい猫でした。

4番目に出会った猫・リリは1歳近くまで、ほとんど人間と接触したことがなく、地域猫として生きていくはずでした。

4匹ともいなくなってしまったいま、5番目に出会った猫・ルルと、あらためて彼らの偉大さを思い出しているところです。
                                     サイト管理者 Mikea
(ミケア)

私の書評
傾いた本棚


このページへのリンクはご自由にどうぞ。
Copyright (C) 2001-2006 Mikea. All Rights Reserved.

(since 2001.5.1)