詰将棋マニアックス
詰マニ


詰将棋とは、王様を捕まえる問題のことです。「先手は王手の連続で攻める、後手は最も手数が延びるように逃げる」基本はただそれだけ。簡単そうでしょ。

でも、どんな世界にもマニアと呼ばれる人がいるものです。詰将棋マニアのあいだでは、「問題」が「作品」へ、「作品」が「芸術」へと昇華し、各自の頭脳と美意識を競い合うように日々創作活動が続けられています。

私、相馬康幸 も、そんな詰将棋マニアのひとりです。30年間で約160の作品を専門誌などに発表してきました。作風は「パズルチックな長編」「無機的な様式美」といったところでしょうか。

このページをご覧になっているあなた様も詰将棋マニアの仲間に入りませんか?


相馬康幸 全作品

駒が動きます(勝田将棋盤を使用)。解く必要はありません。動く駒をながめて下さい。 楽しい、美しい、癒されると感じた方は、立派な詰将棋マニアです。

『相馬康幸 Collection』
発行年月:1997年12月、編者:山裾悠樹、発行者:山裾悠樹。
特徴:81画玉配置、全作趣向詰、玉位置による趣向の左右対称性。

『相馬康幸 Anthology』(2016.03.12 No.99を追加)
第二作品集の採用候補作品。
『Collection』に未収録の既発表作を発表年月順に収録。


ほぼひとりごと(2003.10.31)

詰将棋作家の自己表現の場は作品がすべてですが、たまにはペチャクチャと喋りたくなることもあります。パソコン相手の「ほぼひとりごと」ということで、ご理解下さいな。

『Collection』の秘密  目指すべきもの  鑑賞者  煙詰  出題方法

看寿さん、ごめんなさい  ストリート系  詰将棋の作り方  目利き

詰将棋の作り方(私の場合)  どなたか作って下さいな  中途半端

将棋の相手  詰将棋の配給  短評力競争  デリカシー  メモリ不足

こだわり方 臨機応変 将棋の相手2 未練 千手必賞 リサイクル

同世代  量より質  ガイドライン  子供に教える  詰ネタ

裸玉の作り方  「詰将棋全国大会」攻略マニュアル

三段曲詰の作り方 簡素象形図式の作り方 推敲について 早詰戦

詰パラの表紙を目指す 字面(じづら) よく読む詰将棋の本

駒のDNA ピュアな詰将棋 インラインスケート デフォルト


詰マニの殿堂(2002.12.22)

『どなたか作って下さいな』に提示された数々の『詰ネタ』、実現したらここに展示いたします。詰将棋史に残る(?)名作・珍作をご鑑賞下さいな。

コンパクトな単騎図式  初形に「二歩」がある作品  psi 詰将棋

香のサンドイッチ  双子の姉妹作  有効な無駄合

初形無仕掛け・途中無防備図式  銀の王手に8とおりの逃げ方

角先角銀  7種持駒順列連続打ち捨て  世界一の買いまくり

不利中合  超重たい金打ち  世界一の押し売り  次遠打

不動玉で、攻方の大駒不成  無仕掛け一色図式  史上最大の駒交換

不動玉七種合  世界一の買いまくり  連続駒取り

続、銀の王手に8とおりの逃げ方


相馬へメールを送る



since 2000.12.27


Copyright(c) 2001-2012 相馬康幸. All Rights Reserved


詰将棋マニアックス    インラインスケート 光が丘パイロンズ