小説の書き方-拓夢書房

小説創作・イメージ画像

 小説の書き方の基本がどれだけ重要であるか、分らずに小説を書かれている初心者の方が多いように感じます。と言うのもネット上で公開されている小説は、目に付いたら必ず目を通しているのですが、小説の基本的な書き方、及び表現方法を間違っている為に、読みづらい作品に仕上がっています。

小説文庫本・イメージ画像

 また、小説の書き方の基本を知っているのと知らないのでは、数年後には大きな差がつきます。だからと言って人の意見だけに頼るのも問題があります。重要な事は、小説創作に対する自分自身の理論を持つ事です。

 小説の書き方は、例えば、純愛(恋愛)小説やサスペンス小説、あるいは官能小説など、どの分野でも基本に変わりはありません。せっかく書く小説ですから、このサイトをブックマークに入れて基本的な書き方を覚え、人に読まれる物語を書いて下さい。……最初に読むページ

スポンサードリンク

 スープさんより、小説の投稿がありました。こちらの作品に関してはオリジナルドメインにアップしております。ライトノベル系の作品をプロット風に書かれていますので、興味のある方はご覧ください。MASTERWORLD「そこは、ある世界」  MASTERWORLD「少女は「……兄さん?」」  MASTERWORLD「なんか偉そうな人」  MASTERWORLD「生活している地上」  MASTERWORLD「砂の上を歩く音」

小説の書き方・参考文献

 本格的に小説の書き方を学びたい方は、やはり市販されている書物を数冊購入し、勉強された方が間違いありません。逆にネット上で公開する小説を書く場合は、ネット上で研究される方が良いでしょう。違う意味で、様々な事に気づきます。

プロ作家養成塾―小説の書き方すべて教えます プロ作家養成塾―小説の書き方すべて教えます 女流作家10人が教える、あなたにも書ける官能小説 官能小説用語表現辞典 ミステリーの書き方 ボーイズラブ小説の書き方
プロ作家養成塾―
小説の書き方、教えます
ベストセラー小説の書き方 女流作家10人が教える、あなたにも書ける官能小説 官能小説用語表現辞典 ミステリーの書き方 ボーイズラブ小説の書き方[CD-ROM付]

日々思う雑談

小説創作・イメージ画像

 子供が小学校に入学した頃、私が親から受けた教育内容を思い出した事がある。それほど裕福な家庭ではなかったから、毎日塾に通うと言う事はなかった。また、親の考え方として「子供は子供で自立すべき」という点があったので学習は自分任せ立った。だからこそいま思う、子供の教育(特に学習という面)は学校の授業だけでは足りません、家庭教師が必要です。

小説創作・イメージ画像

 妻と出会った頃、私の生活状態はドブ川の底にいるような状態であった。要するに人生の落ちこぼれだったのだ、不動産売却エージェントに成ろうと、面接を受けたり、髪の毛のエステ関連に興味を持ちウィッグのエアリー等に就職先を求めたりもしていた。と成ると想像出来る通りで有るが、もちろんというか当然の如くまつげエクステスクールに通う事も真剣に検討した。

 当時はまだ、大阪市西区の賃貸住宅を探しているような(大阪に居たんだよ)状態でも有った。だから人様の娘を嫁に迎える、なんて大それた事はできない、と感じてもいた。だが子供が出来たとなると話は別で、すぐに妻の両親に挨拶に行き、私の実家にも報告に行った。そして一番の問題が結婚式‐つまり‐ウェディングの事であった。

 男性の立場で考えると女性にとって結婚は人生の一大イベントだから「憧れ」という面が大きいと想像していた。それが何時しか…旅行代理店 大阪のガル見たいな企業に依頼するような場面に発展するかも知れない。だが、妻の考え方は違っていた。もちろん個人差というものは有るが結婚式なんてどうでも良い、みたいな感じである。いま考えると「お金が無い状態」だからこそ、その様にあえて言ったのかも知れない。結婚式場は真面目に選んだ方が得だと、今でも思います。

 結婚式で思い出したが、披露宴が開かれると引き出物、という厄介な存在がある。いったい引き出物はご祝儀の中に含まれてもよいものだろうか? と頂くたびにいつも思う。また頂く立場、差し上げる立場で考えると、何を選ぶとよいのか迷う場合が多いと感じます。そんな事を考えていてプリザーブドフラワーなんてアイテムも有ったよな、などと連想しました。

近い将来の夢談話

小説創作・イメージ画像

 子供たちが二人とも大学を卒業したら、という前提に成るが、世界中を旅してみたい。その為にはまず、日本国内を制覇するつもりだ。もちろん旅行代理店に勤務するネット上の友人がいるので、色々と相談をして、押さえるべきポイントを十分に調査したい。せっかく行く旅行だし、二度と行かない地域も有るだろう。残された人生は短い、後悔だけは残したくないと考えているから。

 だが旅行に行く為には軍資金(要するにお金)が必要になる。もちろん本業で稼ぐ給料で、という考え方もあるが、実際には頂く給料だけでは旅行どころか、日々の生活さえ間々成らぬ。だからこそ今、ネットを利用した副業を考えている。元々小説を書いていたから文章を書くことに抵抗はまったくない。後は相互リンクを推し進める事と子供の将来が決まるのを待つだけである。

小説創作・イメージ画像

 子供といえば先日、娘から誕生日プレゼントを頂いた。どんな心理なのか分らないし、知りたいとも考えない。だがまったく期待していなかった娘からの誕プレと成ると、親としては非常に感激の嵐で、思わず涙がこぼれそうになった。詳細は分らないが誕生日プレゼントのランキングなどを参考に選んだようだった。

 ただ、娘が選ぶプレゼントは私が欲しいものである可能性は低く、頂いたアイテムはフォトフレーム(なぜかいつもこれである)である。だが実際に現在の私が欲しいと考えているアイテムは財布である。と言うのも、最近はネットで買い物を楽しむ人が増えたので、私も習ってネットを利用して財布を捜そうと考えている。何しろ今もっている財布は10年近く前に買った代物だから。

現在進行形の人生

小説創作・イメージ画像

 ネットで買い物、を考えた時の特徴として、年頃に成った若者、特に男子に多いようだが、アクセサリーに関する情報サイトを熱心に見ている時がある。と言うのも彼女と言う存在が大きい。人生で初めて彼女が出来た、その彼女の誕生日にアクセサリーを贈りたい。だけど近くのショップに行くと店員の強引な販売に負けるかも知れない。それにネットだと納得できるまでじっくりと探す事ができる。

 その様な心理が働き、つい時間を忘れて、と成るようだ。そうなるとホームページ作成企業、あるいは個人アフィリエイターが熱心にアクセサリーサイトを制作する。つまり需要と供給のバランスな訳で、企業と言うものは売上げを伸ばす事を前提に営業活動を進めているから、このような状況は当たり前である。だが加熱しすぎの感も否定できないのが今のネット状況である。

小説創作・イメージ画像

 この現象を身近に感じることが度々ある。個人的な知り合いに建設関係の仕事をしている人が多い。少し前まではマンション建設で賑わっていたが、昨今の不況により家の新築を選択するのではなく、現在住んでいる旧家をリフォームする人が増えているらしい。ゆえにリフォームを担当する工務店ではリフォームサイトの強化をしていると言う話だ。つまりお互いに同じ地域内のパイを奪い合っている事になる。

 ここからはまったく個人的な話になるが、ネットでの集客と言う話だ。自サイトへのアクセスを増やす方法には幾つか有るが、得意な手法がSEOである。もちろん大手企業の分野を横取りなんて出来ないが、誰も狙わない分野ならそこそこの自信がある。例えばおもちゃの分野。ここなら強力なライバルがいないようなので、かなりの来訪者を集める事ができるだろう、と予測している。果たしてどうなるのか? 誰にも分りません!!

―― END of This page.And Copyright Takumushobou. Since 2004 All Rights Reserved――

小説の書き方