いろいろ複利計算シート



【毎月の積立金額、年利、積立年数より元利合計を計算します。】
 ※毎月の積み立てられる金額が決まっている場合の計算に便利。
毎月積立金額:
    年利:
  積立年数:

  元利合計: 円 うち元本総額: 円、利息(運用益): 円。利益率: %。

※水色の部分(毎月積立金額、年利、積立年数)を入力し、【計算】ボタンを押してください。



【最初の元本、年利、積立年数より元利合計を計算します。】
 ※手元にまとまったお金があって、使う時期(何年後)がだいたい決まっている場合の計算に便利。
元本金額:
  年利:
運用年数:

元利合計: 円 うち利息(運用益): 円。利益率: %。

※水色の部分(元本金額、年利、運用年数)を入力し、【計算】ボタンを押してください。



【目標積立額(元利総額)、年利、積立年数から必要な毎月の積立額を逆算します。】
 ※例えば12年後に大学資金300万円を用意するために毎月一定額を積み立てたいなどの場合の計算に便利。
毎月積立金額:
    年利:
  積立年数:
  元利総額:
 うち元本総額: 円、利息(運用益): 円。利益率: %。

※水色の部分(年利、積立年数、元利総額)を入力し、【計算】ボタンを押してください。



【目標額(元利総額)、年利、運用年数から必要な元本を逆算します。】
 ※例えば5年後にリフォーム資金200万円を用意したくて、手元のまとまったお金を運用したいなどの場合の計算に便利。
元本金額:
  年利:
運用年数:
元利総額:
 うち利息(運用益): 円。利益率: %。

※水色の部分(年利、運用年数、元利総額)を入力し、【計算】ボタンを押してください。



【期間(年)に毎年一定の受け取り額と運用年利で資金を取り崩すときの必要資金】
 ※たとえば年5%で運用しながら毎月5万円の自分年金を20年間受け取りたいときの必要資金が算出できます。
 ※2009/06/18修正完了
受け取り年額:
運用年利:
運用年数:
必要資金:

※水色の部分(受け取り月額、年利、運用年数)を入力し、【計算】ボタンを押してください。



【資金を○年でX円からY円に増やしたいときに必要な年利を逆算】
 ※たとえば10年で1000万円を2000万円に増やしたいときは何%の年利で運用しなければいけないかがわかります。
運用年数:
初期金額:
目標金額:
必要年利:

※水色の部分(運用年数、初期金額、目標金額)を入力し、【計算】ボタンを押してください。



【資金を○年でX円からY円に増やしたいときに必要な年利と最低確保したい金額を満足する標準偏差の上限を計算】
 ※たとえば10年で1000万円を2000万円に増やしたいときは何%の年利で運用しなければいけないか、最低1500万円確保したいときは標準偏差をいくら以内にするべきかがわかります。
運用年数:
初期金額:
目標金額:
最低確保金額:
判定する標準偏差の倍率:

必要年利  :
上限標準偏差: %以下

※水色の部分(運用年数、初期金額、目標金額)を入力し、必要に応じて「判定する標準偏差の倍率」を選択後【計算】ボタンを押してください。



いろいろ複利計算シート:制作 このサイトの常連 早乙女 桔梗,バージョンup:TONE氏



保険クリニック裏病棟 トップページへ