Windows.FAQ - ネットワークの共有フォルダに接続できない場合のチェックリスト winfaq logo

特に従来 Windows9x/Me でネットワークを構成し、Windows 2000 や XP を追加した場合、お互いのネットワーク共有にアクセスできない場合があります。 ここでは、ネットワーク共有に接続できない場合にチェックすべき項目をリストし、各項目をクリアしていくことで、共有にアクセスできない問題の解消を手助けします。

チェック1:同じプロトコルを使っていますか?

Windows95 は標準で TCP/IP がインストールされていません。
Windows98 以降は、LAN アダプターを追加すると、標準で TCP/IP がインストールされますが、TCP/IP が削除されていたり、構成されていない場合、正しく通信できない場合があります。

従来のネットワークで NetBEUI による通信が行われている場合、XP にも NetBEUI プロトコルを追加した方がよい場合があります。
XP に NetBEUI プロトコルを追加するには「Windows XP で NetBEUI は使えませんか?」を参照してください。
なお、チェック2 以降は、TCP/IP での通信を前提に記述されます。

チェック2:双方の IP アドレスはどうなっていますか?

TCP/IP が構成されていても、正しいアドレスが設定されていない場合、互いに通信することができません。
双方の PC で次の手順を実行し、有効なアドレスが設定されていることを確認してください。

  1. [スタート]−[ファイル名を指定して実行] から command を実行します。(98/Me)
    [スタート]−[ファイル名を指定して実行] から cmd を実行します。(NT/2000/XP)
  2. 次のコマンドを実行します。
    C:\>ipconfig /all
  3. LAN アダプターの IP Address および Subnet Mask を書き留めます。

双方の PC 間にルーターが存在しない場合 (例えば、同じ HUB やダイヤルアップルーター、ADSL モデムに接続されている場合) サブネットアドレスが違うと通信できません。
Subnet Mask が 255.255.255.0 なら、IP Address の左 3 オクテット (例:192.168.0)、Subnet Mask が 255.255.0.0 なら、IP Address の左 2 オクテット (例:172.16) が同じでなければいけません。

チェック3:互いに ping は通りますか?

互いに TCP/IP がインストールされており、正しい IP アドレスが設定されていることが確認できたら、相手に対して ping を実行します。
ping の実行方法は「基礎講座:ping の使い方」を参照してください。

チェック4:共有を提供する側にファイアウォールが入っていませんか?

Windows XP のファイアウォール (ICF) や、Norton Internet Security のパーソナルファイアウォール、ウイルスバスターのファイアウォール機能が有効になっている場合、ping が通らなかったり、フォルダの共有ができない場合があります。
以下の手順でファイアウォール機能を無効化してください。 いずれの場合も、アクセスできない原因がファイアウォールと判明した場合、ファイアウォールを有効に戻し、通信を許可したい PC のみファイアウォールを通過するように設定し直すことをお勧めします。
詳細な設定方法は、お使いのファイアウォール製品のマニュアルやヘルプを参照してください。

チェック5:共有を提供する側に、共有サービスはインストールされていますか?

LAN アダプターの TCP/IP スタックに「Microsoft ネットワーク用共有サービス」がバインドされていない場合、フォルダの共有を行うことはできません。
以下の手順でバインドを確認してください。

チェック6:NetBIOS over TCP/IP は有効ですか?

ここまでのチェックをクリアしてもフォルダの共有ができない場合、NetBIOS over TCP/IP が無効化されている可能性があります。
以下の手順で確認してください。(Windows9x/Me の場合、チェック5 をクリアしていれていれば問題ありません。)
  1. [スタート]−[コントロールパネル] から「ネットワーク接続」を起動します。(XP)
    [スタート]−[設定]−[ダイヤルアップとネットワーク接続] をクリックします。(2000)
  2. ローカルエリア接続を右クリックして [プロパティ] をクリックします。
  3. インターネットプロトコル (TCP/IP) をクリックして「プロパティ」をクリックします。
  4. [全般]タブの「詳細設定」ボタンをクリックします。
  5. [WINS] タブをクリックし、「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」に設定されていないことを確認します。

チェック7:IP アドレスで接続できますか?

コンピュータブラウザサービスや、名前解決の問題を排除するため、次の手順で相手に接続を試みてください。
  1. [スタート]−[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. 名前に \\<相手の IP アドレス> を記入して「OK」をクリックします。
    例:\\192.168.0.3
  3. しばらく待機し、相手の共有一覧が表示されることを確認します。

これで接続可能な場合、接続に関する本質的な問題はないと考えられます。
相手が Windows 2000/XP で、この手順でユーザー名やパスワードの入力を求められる場合、次のチェック8 に進んでください。

チェック8:互いのユーザー名は登録されていますか?

チェック7 でユーザー名とパスワード (Windows NT/2000/XP クライアント) もしくは IPC$ のパスワード (Windows9x/Me クライアント) を求められる場合、アクセスする側にログオンしたユーザー/パスワードが、アクセスされる側に登録されていないことが原因です。
ただし、Windows XP の共有は強制的に Guest としてアクセスされるため、パスワードを求められることはありません。(XP Professional で「簡易ファイルの共有」を解除したときは、以下の手順に従ってください。)

アクセスする側にどのようなユーザー名でログオンしているかは、次の手順で確認できます。

アクセスされる側では、次の手順でユーザーを登録できます。

チェック9:共有名は適切ですか?

Windows9x/Me は 12 バイトを超える共有名を認識できません。 Windows 2000/XP で、長い共有名を使っていないことを確認してください。
また、日本語を含む共有名も問題を起こすことがあるため、問題が起きた場合は 12 文字以内の英数字だけの共有名でテストすることをお勧めします。


トップページへ戻る